駅伝豆知識

駅伝豆知識

vol.01
「駅伝」のはじまり
首都が京都から東京に移って50年を記念し、1917(大正6)年に開催された京都~東京間の駅伝競走が日本最初の駅伝といわれています。
京都の三条大橋から東京の上野まで東海道500キロ余りを、23区間に分けて3日間でリレーしました。この大会が人気を呼び、3年後に東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が始まります。
駅伝という名称は、中央と地方を結ぶ道や中継地(駅)を整え、主に馬を使って知らせや物資を届けた「駅伝制」に由来するといわれています。
既に7世紀ごろの書物に「駅馬」「伝馬」の言葉が見られるようです。
vol.02
駅伝と「たすき」
「たすきをつなぐ」のが駅伝競走の醍醐味です。しかし、短距離リレーのようなバトンではなく、たすきが使われ始めた理由は明確にはわかりません。ただ、長い距離を走るので、できるだけ軽く、走るときに邪魔にならないことなどが考慮されているのではないでしょうか。
たすきは布製で、幅6センチ、長さ160~180センチが標準です。全国男子駅伝のものは、片方の端にもう一方の端が通せるように穴があけてあります。
走者は必ず肩から斜めに脇の下に掛けなければならず、中継所でのリレーの際は走者間で手渡さなければなりません。